スポーツ

日本やボルトの名言やインタビュー!アメリカがバトンで失格!【リオ五輪400mリレー】

男子400メートルリレーで日本は37秒60のアジア新記録で、
銀メダルを獲得しました。
山県 亮太選手、飯塚 翔太選手、桐生 祥秀選手、ケンブリッジ 飛鳥選手、
銀メダル おめでとうございます。

.

こんにちは
あさきです。

今大会は、今までメダルをとれていなかった競技の飛躍や
昔得意だった競技が復活したりと、
感動しています。

.

そんな陸上男子400メートルリレーの銀メダルという快挙です。
圧倒的な世界の覇者であるボルト選手と走れたことも夢みたいなことです。

.

日本の400メートルリレーは、
2008年北京オリンピックが銅メダルで、2大会ぶりのメダル獲得です。

.

そして世界中が注目しているウサイン・ボルト選手を擁するジャマイカが優勝しました。
最終走者のボルト選手までは日本が1位かという感じでした。

.

 

ウサイン・ボルト選手はこれで今大会、3冠(100mと200m)です。
北京オリンピック、ロンドンオリンピックと
3大会続けて3冠です。
見事です。

スポンサーリンク

リオオリンピックでのインタビューや名言

ボルト選手のインタビュー
400メートルリレーで金メダルを獲得したあと、
「プレッシャーがすごくあったのでほっとしている。
ここまで汗と涙を何度も流して練習してきたし、
トップに居続けることができた自分を誇りに思う」
「みんなには申し訳ないが、やっぱりオリンピックはこれが最後だ」

.

日本が銀メダルを獲得したことについては
「彼らのよさはチームワークだ。
3月からバトンパスの練習をしていたらしいし、
2、3回しか練習していない僕らとは比較にならない。
選手どうしが信じ合っていたからこそ銀メダルが取れたと思う。
このまま練習を続けていけばより世界レベルになれると思う」

.

200メートルのレース後
(史上初となる100メートルとの2種目3連覇)

「素晴らしい気持ち。それを達成するためにここに来た。
実現をできたことをうれしく思う。明日(の400メートルリレー)も楽しみにしている」

.

レース後はレーンにキスをしていたが
「さよならと言っていた。
これが自分の最後のオリンピックとなる」

.

銀メダルの日本のメンバーのインタビュー
山県 亮太選手
「とにかく僕は自分の仕事に徹し、
抜群のスタートとチームに流れを持ってこられる走りをすることだけ考えた。
フライングは恐れずに走った」
「男子のスプリント種目で日本も活躍できると言うことは
本当に自分たちにとってうれしいことだし日本の陸上界にとっても励みになると思う」
「とにかくきょうのタイムを続けていく先に、
世界のトップが見える位置にあると思うので
きょうのレースよりもさらにいいレースをして、メダルを目指したいと思う」

飯塚 翔太選手(チーム最年長の25歳)
「自信を持ってスタートを切ることと、
自分のレーンだけ見て走ることだけを考えて走った。
決勝の舞台ではスタートが出遅れて
バトンパスが詰まってしまうことがたくさんあるので、
まずは思い切って出ることを考えた」
「さらに上を目指していた」
「過去の先輩たちからもずっとバトンはつながってきていたので
今回こういった形でメダルを取ることができた。
東京に向けてもいいスタート切れたと思う。
日本人が走る才能があるということも少しは分かって頂けたかなと思う」

.

桐生 祥秀選手
「最高のメンバーと走れたので嬉しい。
めちゃくちゃ盛り上がったので最高に楽しいレースを走らせてもらった」
「僕がどんなに思いっきりスタートしても
飯塚さんがバトンを渡してくれると言ってくれたので信じていた。
よりいい順位でケンブリッジさんに渡すことしか考えていなかった。
日本のバトンパスが最高だ、ということは結果で証明できた思う。
これに甘えず、もっと上にいけるように個人でもリレーでも最高の走りをしたい」

.

ケンブリッジ 飛鳥選手
「三人が絶対いいところで渡してくれると信じていたので
1つでも前の順位でゴールするという気持ちで走った。
しっかり自分の走りをするというのと
絶対に抜かれないということを考えて走った」
ウサイン・ボルト選手に続いてゴールしたことについて・・
「背中は見えていたがあまり覚えていません」
「次は個人の力をあげてみんなが100メートルで9秒台を出して
リレーを組めるようなチームになれたらいい。
次の東京で今回を超えられるような結果を残したい」

スポンサーリンク

ウサイン・ボルト選手のプロフィールです

生年月日   1986年 8月21日(現在29歳)
出身     長野県上高井郡小布施町
身長/体重  196cm /94kg

.

アメリカが失格

前回大会や予選ではアメリカは2位でした。
決勝では、3位で勝っていましたが・・
アメリカは、1走から2走へのパスで
バトンゾーンの手前で渡すミスを犯し、失格となりました。

.

0コンマ何秒を争う陸上競技です。
バトン渡しは大切だと思います。
メダルを狙うチームはバトンの練習をしてくるかも・・
個人の記録が優先とうい国や個人がいる場合は、
バトンの練習はしないでかな・・

スポンサーリンク