観光

姫路城(白鷺城)はいつまで白い?写真【画像】!

世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市)の
2015年度の入城者数が9日、222万人を突破しました。
日本の城郭の年間入城者数が最多を記録しました。
これまでの最多の記録は、熊本城(熊本市)が
2008年度の221万9517人でした。


姫路城は約5年半にわたる「平成の大修理」が
今年2015年3月下旬に完成しました。

平成の大修理を終えた姫路城に、
国内外から観光客が殺到しています。

本年度は、市の予想より約1カ月早く、
7月に100万人を達成、
11月に200万人を超えました。

来年2016年3月末までに、250万人を見込んでいます。

maxresdefault

姫路市によると、
姫路城のこれまでの入場者の最多は、
半世紀前の「昭和の大修理」直後の1964年度で、
の174万人です。

天守が国宝5城(姫路、松本、彦根、犬山、松江)の中では、
最も多かったのですが、
熊本城や名古屋城、大阪城などには、
大きく及ばなかったのです。

姫路市の姫路城管理事務所などは、
12月10日から、
姫路城大手門や大手前通りに、
新記録達成を祝う横断幕やのぼりを設置するということです。

姫路城2

姫路城は、平成の大修理によって、これまで以上の美しさになりました。
「白鷺(しらさぎ)城」が“白すぎ城”ともいわれるくらい、
以前より、ずっと白くなったと話題になりました。
それは、真新しい漆喰(しっくい)が要因です。

黒ずんだ壁や瓦の継ぎ目の漆喰が塗り替えられ、
屋根までもが白く映えるからです。
「この姿こそが本来の白鷺(しらさぎ)城」だといわれています。

では、この白さはいつまで保てるのでしょうか?

漆喰にカビが生え始めるのは1年ぐらいしてからです。
「平成の大修理」では漆喰の上に防カビ剤を塗布しています。
それにより、3年くらいは、白さを保つことができるそうです。

2015年3月公開の1年ぐらい前には、
防カビ剤を塗り終えていたようです。
お城の白さが続くのは、あと2年、2017年くらいまで、
でしょうか。

ピークは、今年、2015年の秋とも言われていました。
姫路城が白すぎる城のときに、
ぜひ、見に行きたいものです。

l
姫路城へのアクセスは
http://www.himeji-kanko.jp/access/
姫路観光ナビ ひめのみち