スポーツ

錦織VSベッカーの試合予定日と速報(全米オープンテニス2016)

錦織 圭選手の全米オープンテニスの
1回戦の相手、ベンジャミン・ベッカー選手 が誰か気になりました。
強いのでしょうか、どんな選手かチェックしてみました。

.

こんにちは
あさきです。
テニスのグランドスラム、全米オープンテニスが
いよいよ8月29日に始まります。

.

錦織 圭選手の一昨年の惜しい準優勝が、
思い出されて、
リベンジをとどうしても期待してしまいます。

.

リオオリンピックでは、
3位決定戦で、ナダル選手を破り銅メダルに輝きました。

.
休む間もなく
全米オープン前哨戦といわれる
シンシナティマスターに出場しています。
(3回戦で敗退しましたが・・)

スポンサーリンク

.
ちなみに2016年の今大会の優勝は、
マリン・チリッチ選手
(1昨年の全米決勝で錦織選手が敗れた相手)
準優勝は、アンディ・マレー選手
(リオオリンピック準決勝で錦織選手が敗れた相手)
ということで、手ごわいなあと思いました。

.

さて全米の組み合わせは、
錦織 圭選手は第6シードです。
1回戦の相手ベンジャミン・ベッカー選手(世界ランク97位 ドイツ)とは・・

.

過去の対戦成績

錦織 圭選手のベンジャミン・ベッカー選手との対戦成績は、
2勝1敗です。

.
(2015年)
全仏オープン3回戦 錦織圭の不戦勝

.

(2014年)
楽天ジャパン・オープン準決勝 錦織 圭選手の勝利
錦織圭 4-6、6-0、7-6(7-2) B・ベッカー
サーフェスは屋外でハードコート

.

メンフィス・オープン2回戦 錦織 圭選手の勝利
錦織圭 6-4、6-4 B・ベッカー
サーフェスは室内でハードコート

.

(2010年)
デルレイ・ビーチ・オープン1回戦 B・ベッカー選手勝利
B・ベッカー 6-3、1-6、6-0 錦織圭
サーフェスは屋外でハードコート(2000年以降)

スポンサーリンク

.

ベンジャミン・ベッカー選手の現在の状況

グランドスラム
(2016年)
全豪、全仏 1回戦敗退
全英は 2回戦進出
(2015年)
全豪、全仏は 3回戦進出
全英、全米は 1回戦敗退

.

ベンジャミン・ベッカー選手のことをどう思っているか

錦織 圭選手は、会見で
「ここは速いサーフェスで、強いのかなと印象もある。
前に来る形も多いので、それに気をつけたいと思います」

.

昨年(2015年)の全仏では3回戦で対戦予定でしたが、
錦織 圭選手の不戦勝となりました。
その時のインタビューでは・・
「攻撃的な選手というイメージが強い。
サーブもいいですし、バックもフォアも、
バックが特に前に入って打ってこれる選手なので、
気をつけてプレーしないとどんどんウイナーを取られてしまうと思う」

.

ベンジャミン・ベッカーのプロフィール

ラテン文字名   Benjamin Becker
愛称       ベニ (Benni)
国籍       ドイツ
出身地      ドイツ・メルツィヒ
生年月日     1981年 6月16日(35歳)
身長       178cm
体重       72kg

4大大会最高成績・シングルス
全豪       3回戦(2015年)
全仏       2回戦(2015年)
全英       2回戦
全米       4回戦(2006年)
※ダブルスは省略します

.

自己最高ランキング
シングルス        35位(2014年10月)
昨年度最終ランキングは  40位
現在のランキングは    97位

.

世界ランキングからみても、
ベンジャミン・ベッカー選手の戦績などをみても

またあまり対戦はしていませんが、直接対決をみても
錦織 圭選手の方が勝つ要素があると思います。
油断せずにしっかり戦ってほしいと思います。

.

全米2016のシード順

第1シード:N・ジョコビッチ
第2シード:A・マレー
第3シード:S・ワウリンカ
第4シード:R・ナダル
第5シード:M・ラオニチ
第6シード:錦織圭
第7シード:M・チリッチ
第8シード:D・ティエム(オーストリア)
第9シード:JW・ツォンガ(フランス)
第10シード:G・モンフィス(フランス)
第11シード:D・フェレール(スペイン)
第12シード:D・ゴファン(ベルギー)
第13シード:R・ガスケ(フランス)
第14シード:N・キリオス(オーストラリア)
第15シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第16シード:F・ロペス(スペイン)
第17シード:B・トミック(オーストラリア)
第18シード:P・クエバス(ウルグアイ)
第19シード:S・ジョンソン(アメリカ)
第20シード:J・イズナー(アメリカ)
第21シード:I・カルロビッチ(クロアチア)
第22シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第23シード:K・アンダーソン(南アフリカ)
第24シード:L・プイユ(フランス)
第25シード:P・コールシュライバー(ドイツ)
第26シード:J・ソック(アメリカ)
第27シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第28シード:M・クリザン(スロバキア)
第29シード:S・クエリー(アメリカ)
第30シード:G・シモン(フランス)
第31シード:A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
第32シード:B・ペール

.
錦織 圭選手は、第2シードのマレー選手の山です。
マレー選手のことはまだまだ考える余裕はないと思いますが、
目の前の1戦1戦に目を向けてほしい。
と私たちが思わなくとも、本人が一番知っていると思います。

.

応援しています。
錦織 圭選手にエールを送ります。

スポンサーリンク