スポーツ

市尼の平林投手vs明石商の吉高投手(速報)98回高校野球(2016夏)兵庫決勝と組合せ!

高校野球兵庫大会(第98回全国高校野球選手権2016夏)は、7月28日決勝が行われました。
8年ぶりの公立同士の対決で、今年の選抜甲子園でベスト8の明石商が市尼に3-1の僅差で敗れました。

市立尼崎高校が、33年ぶり2度目の優勝で甲子園への出場を決めました。

.

兵庫大会の決勝戦は、公立同士の対決となったのですが、

8年ぶりです。

そして、両校とも市立です。

市尼は尼崎市立、明石商は明石市唯一の市立高校です。

.

スポンサーリンク

市尼vs明石商の決勝戦の試合内容

明石商のミスにより失点をしました。
大事な大会の少しのミスは、試合の勝敗を決めるのですね。

.
1回の市尼の攻撃で明石商のバッテリーエラーで先制しました。
7回2死2塁、1点負けている状態で、
左前打が明石商の3塁手の走塁妨害で、同点としています。

.
そしてエースの平林投手が、8回1死2塁で右越え2塁打で勝ち越しました。
平林投手の執念の一打ですね。

.

平林投手は6回の先頭打者の打球を腹部に受けるアクシデントもあったのですが、
9回を1人で139球を投げ抜きました。

.

平林 弘人投手(市尼)vs吉高 壮投手(明石商)の投手対決

投手でみてみると、
平林投手は、準決勝までの6試合で48回を投げました。
奪三振35 失点6の好投をしています。

市尼の平林投手は、7月23日から28日までの間、
26日以外は連投です。
5回戦で西宮今津との延長15回で決着つかず、再試合をしたためです。

平林投手の球速は140キロはいかないようですが、

球速以上に早く見え、コントロールもいいピッチャーです。

.

一方、吉高投手は準決勝までの6試合で40回7失点でした。
走者を背負っても、崩れず安定したピッチングをしています。
昨日の準決勝戦では、140球以上を投げました。

吉高投手の球速は、146キロです。

.

そして今日の決勝戦は、吉高投手は途中交代、打撃もいいのですが、ベンチに下がったようです。
何かアクシデントがあったのでしょうか?

.
途中交代は、よっぽどのことだと思いますが、
1点差で負け、甲子園への出場を果たせなかったので、つらいでしょうね。

.

兵庫大会の組合せ(5回戦~決勝戦)

兵庫5-決勝

兵庫大会の組合せ(5回戦まで)

兵庫①2016-4回戦 兵庫②2016-4回戦 兵庫③2016-4回戦 兵庫④2016-4回戦

 

スポンサーリンク

兵庫大会予想の検証

私の兵庫大会の優勝予想は、選抜の甲子園でベスト8の明石商でした。
兵庫県も、参加校も多いのですが、近年は力も分散しているので、
どこが勝ってもおかしくない状況です。

ここ何年かは、甲子園に出場する高校は、毎年ちがう学校です。

.
優勝予想も明石商といいながら、
夏に強い報徳かな?
他春季大会上位のシード校である、
育英か東洋大姫路、
神港学園、神戸国際大というようないつも上位にくる学校が優勝するのでは・・
と思っていました。

 

スポンサーリンク