スポーツ

愛工大明電(イチロー母校)vs西尾東と東邦(ふじっしー)vs永徳の速報(2016夏)愛知大会

7月29日、98回選手権(2016)の愛知大会の準決勝が行われました。
激戦の愛知大会の準決勝は、イチロー選手の母校の愛工大明電vs西尾東と
バンビ2世といわれている東邦vs永徳の2試合の試合結果です。

.

 

愛工大名電と東邦が決勝進出となりました。

.

第一試合の愛工大名電vs西尾東

愛工大明電は強いチームですが、昨年の秋季の大会では、3回戦で中京大中京に、今年の春季大会は、2回戦で愛産大三河に敗退しています。
夏の選手権大会は、ノーシードでした。

.

しかし、プロ注目のドラフト候補の山崎基輝捕手と高橋優斗三塁手を擁しています。

.

スポンサーリンク

第二試合の永徳vs東邦

今年の春の選抜の甲子園で、人気がでた藤嶋投手のいる東邦
昔、東邦のバンビちゃん?と準優勝した高校の方が有名でした。
ちなみにその時の優勝は、松本投手(現オリックス阪急入団)率いる東洋大姫路でした。

.

とよく覚えているくらい印象が深いのですが、なんと37年前の話です。

.

対戦相手の永徳の 温水投手もすごくいいピッチャーですね。
温水投手のサブマリン(下手投げ)は、打ちにくそうです。
6回まで東邦打線を0点に押さえていました。

.

東邦のふじっしーこと藤嶋健人投手は、完封に押さえて見事です。

.

愛知大会のシード校

愛知大会のシード校は8校が3回戦から登場するので、2試合の違いがあります。
愛工大明電は、7試合戦っていて、明日の決勝戦を入れると8試合です。
ちなみに明日決勝で戦う東邦は、シード校で、初戦は3回戦、今日まで5試合で、明日を入れると6試合です。

決勝戦は東邦vs愛工大名電
優勝予想は、中京大中京にしていましたが、
勝手に個人的に、37年前の記憶も重なり、
東邦を甲子園でみてみたいと思います。

さて明日の7月30日は、愛工大明電と東邦にとって甲子園の切符をかけた最後の戦いです。
力を振りしきって頑張ってください

スポンサーリンク