スポーツ

内村航平の名言やインタビュー!【リオ五輪】体操団体も個人も金メダル?

リオオリンピックで、内村航平選手が個人総合でも金メダルを獲得しました。
44年ぶりの2連覇です。
6連覇中の世界選手権と合わせると、
2009年から8年連続の個人総合王者となりました。

.

内村航平選手のリオオリンピックの体操男子個人総合は、

最後の鉄棒で逆転しての優勝です。

.

リオオリンピックの体操男子団体(加藤凌平、白井健三、田中佑典、内村航平、山室光史)が
2004年アテネ大会以来、3大会ぶりの金メダルを獲得しました。

金メダル 2冠達成、おめでとうございます。

.

こんにちは
あさきです。
本当に良かった!
ホッとしました。

.

 

団体予選はミス連発の4位通過でどうなることかと日本中がハラハラしましたが、
ロシアに2点以上の差をつけて金メダルを獲得しました。

.

そしてこれからは個人競技です。
内村航平選手と加藤凌平選手の個人総合、
内村航平選手と白井健三選手の床運動、
白井健三選手の跳馬、
加藤凌平選手の平行棒、
個人のメダルも期待しています。

.

スポンサーリンク

内村航平選手のリオオリンピックでのインタビューや名言

個人総合で金メダルを獲得、試合後のインタビューでは、
「オレグ(ウクライナの選手)がきてたのは場内アナウンスでわかっていたので・・
最後の鉄棒次第だな、というのはわかっていたので・・」
「最後の鉄棒でようやく自分の演技が出来て、
これで負けても悔いはないという感じでオレグの鉄棒を待っていました」
「いつもの練習では絶対にミスがなかったんで、その練習だけを信じて、
着地だけは絶対止めてやるという強い気持ちで・・
あとはいつも通りを心がけてやりました」
(最後の着地は)「自分の中ではあまり感覚は良くなかったが、
運が最後は味方してくれた感じがありますね」
(厳しい展開で取った金)「なんでしょうね。疲れ切りました。出し切りました。
もう何も出ないところまで出し切って取れたので、嬉しいより幸せ。
これだけいい演技で一番いい色のメダルが取れたので、一番幸せもんだと思います」

.

団体金メダルの5人の表彰台では、上がる前に

「裏返るまで声を出して歌おう」
とみんなで決めていたそうです。
「うれしいを超えています」
「金を絶対的に取れるチームだと証明できた」

.
試合直後のインタビューでは
「仲間と取る金メダルは、うれしいを超えちゃってる」
「北京、ロンドンとメダルを取ってきて一番重たい」

.

リオオリンピックの大会前は・・
「個人総合の連覇にこだわりはない。団体のことしか考えていない」
「オリンピックの団体金メダルが欲しい」
と常に話していたようです。

.

内村 航平(うちむら こうへい)選手のプロフィールです

生年月日   1989年 1月 3日(現在27歳)
生誕地    福岡県北九州市
故郷     長崎県諫早市
身長/体重  161cm / 55kg
中学     諫早市立諫早中学
高校     東洋高等学校
大学     日本体育大学
所属     KONAMI

.
主な戦績

2016年 リオ五輪    団体総合 優勝
2015年 世界選手権   団体総合 優勝
個人総合 優勝(6連覇)
鉄棒   優勝
~多すぎて省略~
2012年 ロンドン五輪  団体総合 2位
個人総合 優勝
床運動  2位
2008年 北京五輪    団体総合 2位
個人総合 2位

.
団体予選で、個人総合、個人種目別の決勝進出が決まるので、
団体予選でミスし、得意な鉄棒に日本選手が誰も出ないのが残念ですが、

.内村航平選手は、床の決勝を頑張ってください。

 

スポンサーリンク