スポーツ

ベイカー茉秋の名言やインタビュー!【リオ五輪】柔道90kg級のメダルは金か銀?

ベイカー茉秋選手、初めてのオリンピックですごいです。

金メダル おめでとうございます。

おはようございます
あさきです。

今日初めて、男女柔道の金メダルの瞬間を

リアルタイムで見ました。

明日、会社が休みなので・・朝の5時半です。

男女そろって金メダル見られて、良かった!

(男子90kg級、女子70kg級)

.

男子柔道90kg級のベイカー茉秋選手は、父親がアメリカ出身のハーフです。
6歳から柔道を始めています。

.
柔道は、前回大会が期待通りではなかったので、
メダルに向けて日本チームが練習と研究をしたのでしょうね。
金メダルはとって当たり前と言われ続けたプレッシャーを
はねのけて、女子柔道70kg級で金メダルです。
ベイカー茉秋選手も金メダルを祈っています。

.

ベイカー茉秋選手は、高校に入り、1日7食の食事とウエイトトレーニングに取り組んでから、
66kg級から81kg級まで階級が上がり、その後90kg級に上げます。

.
高校2年の後半から急成長しました。現在21歳の東海大学の学生です。

.

スポンサーリンク

リオオリンピックでのインタビューや名言

表彰後のインタビューです。
「このオリンピックを機に、柔道人気を爆発させたいと思っていたので、
一本でバシッと決めたかったんですけど、でも仕方ないです」
(井上康生監督とは会話できた?)
「『よくやってくれた』といわれたので、
勝って、今までの恩を返せてよかったかなと思っています」
「次は東京オリンピックで二連覇したいと思っています」

.

金メダル獲得後、試合直後のインタビューです。

「もう うれしいです。小さいころからの夢だった」

「井上監督が金メダルをとるのを見て柔道をやってきた」

「まだ実感がないんですが、うれしいです」

「ずっとオリンピックチャンピョンになることだけを夢見ていた」

.

リオオリンピックに向けての言葉です。

日本柔道陣で唯一の世界ランク1位です。
「世界ランキング1位は僕だけですよ。下積み時代が長かったのでやっとです」
「1位でシード、魅力的でしょ?」
(リオでは第一シードになるのですね。)

.
ベイカー 茉秋(ベイカー ましゅう)選手のプロフィールです

生年月日   1994年 9月25日(現在21歳)
出身     東京都千代田区
身長/体重  178cm / 90kg
中学     文京区立第一中学
高校     東海大浦安高校
所属     東海大学

スポンサーリンク