フィギュアスケート

白岩優奈選手の家族と写真【画像】!JRグランプリファイナル!

ジュニアグランプリファイナルには、
今季、世界各地で開催された
全ジュニアグランプリシリーズ7戦の
総ポイント上位6人が競います。

日本からは、男子シングルに山本草太(15歳、愛知みずほ大瑞穂高)選手、
女子シングルに白岩優奈(14歳、京都醍醐FSC)選手、
本田真凛(14歳、関大中)選手、
三原舞依(16歳、神戸ポーアイFSC)選手の3人が出場します。
12月10日
女子シングル
三原舞依:23:34〜
白岩優奈:23:40〜
白岩優奈:23:47

12月11日
男子シングル
山本草太:2:07〜

 

151123_fig_hyoshoshiki06w
昨シーズン2014-2015年に注目を浴びた樋口新葉選手は、
今シーズンのジュニアグランプリは不調に終わり、
ファイナル進出を逃しました。
全日本ジュニアでは2連覇したので、残念です。

12月10日、ジュニアのGPファイナルが、
シニアのGPファイナルとの同時開催で、
スペイン・バルセロナで開幕します。

 

このグランプリファイナルに出場する中で、
白岩優奈選手が、
11月に行われた全日本ジュニア選手権で、
樋口新葉選手に次いで2位になりました。

i320
ジュニアグランプリ スペイン大会 優勝、
アメリカ大会 優勝しています。

昨年の全日本ジュニア選手権では本田真凛選手が4位、
なんと白岩優奈選手は27位でした。

白岩優奈選手は、今シーズンではじめて聞く名前です。
フィギュアスケートは、女子も男子も
どんどん、ニューヒロイン、ニューヒーローが出てきます。

さて、グランプリファイナルで、期待したい白岩優奈選手ですが、
アクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができるようです。
コンビネーションでは、
3回転ルッツー3回転トゥーループ、
3回転フリップー3回転トゥーループ、
3回転トゥーループ-3回転トゥーループ、
ダブルアクセルー3回転トゥーループ、
難度の高い3回転サルコウー3回転ループも成功したのです。

白岩優奈選手は、本田望結ちゃんのお姉さんである
本田真凛選手とは同じリンクで練習しています。

白岩優奈選手は、京都市出身、
今、中学2年生で、11月26日にの14歳になりました。
この時の誕生会で取材を受け、
得意科目は国語と答えています。

4人兄弟の末っ子で3人の兄がいるようで、
次男・直樹さんがは「小さい時は暴れていた」とコメントしています。
コーチは、濱田美栄、田村岳斗、岡本治子
振付師: トム・ディクソン、キャシー・リード
所属クラブは、京都醍醐FSC
田村岳斗やキャシー・リード・・とはすごいですね。
今シーズン2015-2016年の
SP使用曲は、虹の彼方に
作曲はハロルド・アーレン
振付がキャシー・リード

FSの使用曲は、
ナイト・ワルツ 悲しみのクラウン
作曲は、スティーヴン・ソンドハイム
振付が、トム・ディクソン
日本スケート連盟で強化選手B です。

気になるのは、白岩優奈選手の
ご両親、ご家族、交友関係ですが、
まだ中学2年の14歳、
今シーズンから戦績が上がり、
あまり知られていないようです。

ジュニアグランプリファイナルも見所満載、
ロシアの選手対日本の選手という構図ですが、
期待して、観戦したいと思います。