スポーツ

水泳 800mリレー【リオ五輪】松田丈志と萩野公介の名言やインタビューの言葉!(銅メダル)

リオデジャネイロオリンピックの競泳でまたまた快挙です。
萩野公介選手 、江原騎士選手、小堀勇気選手 、松田丈志選手が、800メートルリレーで銅メダルです。
1964年東京オリンピックで銅メダルを獲得して以来52年ぶりのことです。

.

銅メダル おめでとうございます。 

.

こんにちは
あさきです。

男子競泳のメダルラッシュです。
競泳といったら個人競技と思っていましたが、競泳のメンバーの結束力をみました。
松田丈志選手は、オリンピック2大会連続銅メダルの200メートルバタフライで出場できませんでしたが
この800メートルリレー1本に懸けていました。

.
それだけでなく、競泳陣ののサポート、よき先輩として、ケアをされていたようです。

.

スポンサーリンク

リオオリンピックでのインタビューや名言が気になります。

チームの合い言葉は

「(松田)丈志さんを手ぶらでは帰さないぞ」

実際に言ったそうですが、実績が伴わないと意味がないと言われていたようです。

前回の2012年ロンドンオリンピックで、北島康介さんが男子平泳ぎで無冠で、
銀メダルだった400メートルメドレーリレーのときには、松田丈志選手がメンバーに、
「康介さんを手ぶらで帰さないぞ」
が合言葉でした。

今回、その松田丈志が最年長になり、若手とのつながりが銅メダルをよんだと思います。

.

試合直後のインタビューの内容です。

第1泳者の萩野公介選手は
「もう昨日みたいな失敗は許されないと思った。後ろの3人がすごく心強く、うまくバトンを渡せた」
第2泳者の江原騎士選手は、
「3人に助けられた。自分の中では残念なレースだったが、3人のおかげでメダルが取れた。
素晴らしい時間を与えられた。3人、そして応援して下さった方々に感謝です」
第3泳者の小堀勇気選手
「前の2人が良い順位できてくれて、レースに集中できた。
僕は僕の仕事をするだけだった。僕ら3人はこのリレーしかなかった。メンバーに感謝です」

アンカーの松田丈志選手は
「まぁホントいい位置で引き継いでくれたんで、何とかメダルは絶対取りたいと思って泳ぎました」
「このメダルをきっかけに、この若い選手たちがさらに日本の自由形を強くしてくれることを願っています」

.

スポンサーリンク

800メートルリレーメンバー

萩野公介(はぎの・こうすけ)選手
1994.8.15生 22歳 東洋大、作新学院中-作新学院高、177cm、71kg。
リオ 400m個人メドレー 金メダル

.
江原騎士(えはら・ないと)選手
1993.7.30生 23歳 自衛隊 山梨学院大付-山梨学院大、171cm、59kg。
2015年世界選手権800mリレー10位

.
小堀勇気(こぼり・ゆうき)選手
1993.11.25生 22歳 ミズノ、金沢-日大、183cm、77kg。
2012ロンドン800mリレー9位、2015年世界選手権800mリレー10位

.
松田丈志(まつだ・たけし)選手
1984.6.23生 32歳、セガサミー、延岡学園-中京大-中京大大学院、184cm、84kg
2008年北京200mバタフライ銅メダル、2012年ロンドン200mバタフライ銅メダル、400mメドレーリレー銀メダル

スポンサーリンク