何事もポジティブ思考で過ごしたい。
エンタメ

ちびまる子ちゃんナレーション変わった?キートン山田は後半へ続くのコメント

「ちびまる子ちゃん」のナレーションのキートン山田が変わったのでしょうか?

スポンサーリンク

「ちびまる子ちゃん」のナレーションが変わったのか?

「ちびまる子ちゃん」のナレーションのキートン山田(75)が番組を卒業すると発表しました。来年の2021年3月28日の放送分が最後の出演のようです。

降板理由は?

降板はキートン山田の申し出があり決まりました。

ナレーションは誰?
後任のナレーションは今後、オーディションなどを行って決定するようです。

「ちびまる子ちゃん」とキートン山田

キートン山田は「ちびまる子ちゃん」の初回放送から、ナレーションをしています。1990年(平成2年)1月7日に放送を開始ししていて、来年の2021年で31年間の長い間ナレーションということです。

キートン山田は、優しい声で、ユニークな言い回しもあって、キートン山田のナレーションで「ちびまるこちゃん」がよりほんわかでちょっと笑えるアニメにもなったと思います。

そして定番のセリフである「後半へ続く」「もっともな意見である」は、ほのぼのとした中でもインパクトがありました。

「ちびまる子ちゃん」は後半へ続く
「ちびまる子ちゃん」は1990年(平成2年)から来年2021年1月で31年間放送となります。

キートン山田は、「番組はまだまだ“後半へつづく”のである」とコメントをしました。」は

このことから2021年の来年以降も「ちびまる子ちゃん」は続くようです。

キートン山田とは?

キートン山田のプロフィール

本名  山田 俊司(やまだ しゅんじ)
出身地 北海道三笠市
生年月日 1945年10月25日
血液型 A型
事務所 リマックス

 

代表的な出演番組

テレビ

ポツンと一軒家

(ナレーション)

先生、、、どこにいるんですか?

(ナレーション)

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z

(ナレーション)

ローカル路線バス乗り継ぎの旅

(ナレーション)

週刊ニュースリーダー

(ナレーション)

ローカル単線でめぐる旬旅

(ナレーション)

○ごとワイド~キートンの名店

(ナレーション・出演)

理科3年 ふしぎだいすき

(ナレーション)

アニメ

ちびまる子ちゃん

1990年 – 2021年、ナレーション

一休さん

1975年(将軍さま / 足利義満、吾作)

ゲッターロボ

1975年(神隼人、ガレリィ長官、キャプテン・ザット、歴戦のキャプテン〈槍〉、早乙女研究所所員・岩本、恐竜兵士、ナレーション)

サイボーグ009

1979年版(004 / アルベルト・ハインリヒ、レース実況、アナウンサー)

銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲

1993年(アレックス・キャゼルヌ)

MASTERキートン

1998年(ナレーション、サム)

まとめ

キートン山田は、「ちびまる子ちゃん」はじめ多くのテレビやアニメ映画ドラマに出演、ナレーションをされています。代表作品にちびまる子ちゃんがあり、ちびまる子ちゃんもまたそのナレーションも31年という長さの番組を続けるということは、並大抵のことではないでしょう。

そして、番組はまだまだ続くようです。

過去のアニメでも、長く続いている作品で、声優が変わることもありますが、いくら新しい声優が良くても、多少の違和感があったりします。

ナレーションが変わったらどのように変わるのか楽しみです。

スポンサーリンク
関連記事