何事もポジティブ思考で過ごしたい。
マナー・一般常識

【手土産の渡し方】紙袋のままその場で出す?挨拶と言葉選びも紹介

会社で、お客さまから手土産をいただく機会がたびたびあるのですが、
手土産は、紙袋のままいただくことが多いので、手土産の渡し方のマナーについて調べてみました。

スポンサーリンク

手土産は紙袋のままその場で出して渡す?

手土産は紙袋のまま渡さずに、紙袋から出した状態で渡します。

手土産を相手に渡すタイミングは、室内に入って正式な挨拶が済んでからです。

会社では紙袋のままが多い

会社などで相手先から手土産を渡されるとき、ほぼすべての人が紙袋のままです。

もらう方から考えると(あくまで私の視点です)、
紙袋のまま貰った方が、持ち運びにも便利です。また紙袋を貰ってもマナー違反!不快と思いません。

手土産を渡すときの挨拶

手土産を渡すときは、一言挨拶を添えましょう。

「ささやかなものですが」
「心ばかりのものですが」
「ほんの気持ちです。」

ビジネスであれば、
「いつもお世話になっております。」
「感謝の気持ちです。」

などがいいと思います。

手土産を渡すときの言葉選びの注意点

昔漫才のネタにもなった「つまらないものですが」
つまらないものだったら持って帰って~

最近、「つまらないものですが」は使われなくなったようです。

日本人の美徳である謙遜が笑いのネタになり、必要以上に謙遜しすぎるのもいけないという風潮になっているのでしょうね。

手土産を渡すときの注意点

手土産を机の上、床におかない

手土産を渡すまでは、手土産を雑に扱わないことも大切です。

例えば、畳の間であれば、客間に通されて(下座に)座っているとき(まだ座布団の上に座らない)、
手土産は、自分の脇に紙袋に入れたまま待機します。
※机の上には置いてはいけません。

洋室であれば、(椅子に)すわっている脇に紙袋に入ったまま待機します。
※このときもテーブルの上、床には置いてはいけません。

手土産の購入するときの注意点

相手の人数より多めを購入する

相手の近所で購入しない

初めて合う人、会う目的がお詫びや交渉事などの場合、マナー違反は相手を不快にさせ、いい印象を持たれないのでマナーは守りましょう。

まとめ

手土産の渡し方も初めて合う人から、親しい人まで~
そしてお詫び、交渉事、プライベート、ビジネスなど
様々なシーンによって変わってきます。

ただ基本の手土産の渡し方のマナーがあるので、それを念頭に臨機応変にすればいいと思います。

マナー違反はあまりよくはないのですが、それよりも心がこもっているかどうかが大切なポイントです。
心がこもっていれば、少々のマナー違反は気になりません。不快になる1番の原因は、横柄な態度からくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
関連記事