何事もポジティブ思考で過ごしたい。
畑・家庭菜園・作物・花

畑の夏(炎天下だけでなく)水やりはしなくていい!頻度といつする?

昔から、一般的に、「夏の炎天下の水やりは避けたほうがいい」と言われていますが、
夏の炎天下だけでなく、畑(地植え)の野菜の水やりは、しなくていいのです。理由とどれくらいの頻度で水やりをすればいいのかを紹介します。
※畑の規模、土質とか植えてる野菜によって違いがあります。

スポンサーリンク

夏の炎天下での水やりを避ける理由

夏の暑い日中に植物など野菜に水やりをすると、気孔が閉じて葉内部の温度が上がったり、水滴によるレンズ作用で葉が焼ける場合があるからです。

畑の夏の水やりはしなくていい?

初心者の私は、毎日夕方に、夏の暑い畑に水やりをしていましたが、
「畑での水やりはほとんどしなくていい」
ということを聞いて、愕然としています。

畑に苗を植え付ける場合を除いて、畑の野菜に水やりをしすぎるのは、良く無いようです。

水やりをしなくていい理由

では、なぜ水やりをしなくていいのでしょうか?

野菜の根を伸ばすため

水やりをすると、野菜の根を深く伸ばさなくなります。
水やりをすると水の量が少ない為、土の表面だけが濡れます。

つまり野菜もその土の表面にしか根を伸ばさないのです。
常に水やりをしていると、根を伸ばす必要もなく、水がないと生きられない弱い作物になってしまいます。

根は、土の中から水分や養分を引き上げ、また体を支えるという役割があります。
根っこを伸ばすことで、水分や養分をしっかりとることができ、野菜が育っていきます。

野菜の葉がしおれて心配

野菜の葉が、多少しおれていてもそれは、葉っぱからの水分の蒸発を防ぐためにしおれているだけなので、心配しすぎなくて大丈夫のようです。

水やりする頻度といつ(時間)

夏の日でも畑の水やりの頻度は、1週間に1度若しくは雨任せでいいようです。


ただ野菜がしおれていたら心配になります。水やりの頻度といつするのかは、野菜を観察してみるといいと思います。

朝に野菜の葉がしおれていたら

夏の昼間は、野菜の葉から水を出して体温調整のため、しおれます。

①夕方から日の入り近くになると、野菜の葉は、シャッキとしてきます。

②朝(日の出ごろ)には、野菜の葉がシャッキとしていたら、水やりをしなくていいです。朝もまだしおれていたら、水やりをしましょう。

水やりをした方がいい場合

どんな時でも水やりをしない方がいいのではなくて、した方がいい場合もあります。

畑に苗を植え付ける場合

畑に苗を植え付けて、根が定着するまでは、水やりは必要です。

スポンサーリンク

まとめ

畑のメリットを活かせず、知らずに毎日トマトに水やりをしていました。
気づいたときには、今週もずっと雨の日が続いていて、心配です。

水をやり過ぎたり、何回か折れたプチトマトとフルーツルビーEXですが、いっぱい収穫できました。

中玉トマトフルーツルビーEXの育て方(画像あり)家庭菜園初心者の記録フルーツルビーEXは、ミニトマトだと思っていた。中玉トマトっだったの? 苗を購入するときは、いえいえ2ヶ月経った今やっと中玉トマトだと...
スポンサーリンク