CM

2020サントリー天然水CM(宇多田ヒカル)ロケ地場所はどこ?|詩の作者とBGM曲は何?

 今回も宇多田ヒカルのサントリー天然水のステキなCM(光も風もいただきます篇)が流れました。今まで同様ロケ地や曲は何?と話題になっています。

気になったので調べてみました。

※敬称略

  • 光も風もいただきます篇のCM
  • ロケ地場所はどこ?
  • 朗読している詩は何?
  • CMに流れているBGMの曲
スポンサーリンク

光も風もいただきます篇のCM

宇多田ヒカルの「サントリー天然水」光も風もいただきます。篇が2020年4月19日からオンエアされます。

ロケ地場所はどこ?

さてロケ地はどこでしょう。
まだ場所の特定ができていません。

ただ今回のCMで、「アルプスの風も光もいただきました。」というセリフがあるので(日本)アルプスのどこかではないでしょうか。
サントリーホームページでは、過去の奥大山行ってきた、南アルプス行ってきた というように撮影場所は明かされていません。
※サントリーの天然水は南アルプス、奥大山、阿蘇の水なのでヨーロッパのアルプスではないと思います。

SNSなどでロケ地はどこだろう?」と推察されていますね。

今回は「滝」が舞台となっています。撮影当日は天候に恵まれたようですが、前日までの大雨により、滝上流の川が大幅に増水し、迫力満点の巨大な滝になりました。滝壺に近い場所では水しぶきが激しく、その場の全てがずぶ濡れになりながらの撮影となったようです。

サントリー天然水『光も風もいただきます』篇 CM メイキングです。

スポンサーリンク

朗読している詩は何?

「月光をして汝の逍遙を照らさしめ、山谷の風をしてほしいままに汝を吹かしめよ」
と朗読している詩は宇多田ヒカルが国木田独歩の詩集から選んだ一節です。

その詩集は国木田独歩の「小春」です。明治33年11月に書かれた詩集でワーズワースの詩「ティンタン寺より数マイル上流にて詠める詩」を訳しているものです。

CMに流れているBGMの曲

壮大な山、滝と宇多田ヒカルとともに流れているのは「誰にも言わない」という新曲です。
2020年5月29日配信開始予定です。

本当に壮大な滝、山と宇多田ヒカルの情緒あふれる表情が新曲と朗読の詩が合されて、癒されます。何回もリピートしてしまいますね。

スポンサーリンク