インターネット・パソコン・スマホ

カスタムして疲れない自作キーボードとキャップ【2020.7.21マツコの知らない世界】

7/21放送のマツコの知らない世界は、「キーボードの世界」というテーマで自作のキーボードの話です。
今回の放送はユーチューブで配信しているぺかそ&ぴあっこが案内しています。

私は仕事で毎日パソコンに向かっているので、疲れないキーボードに興味があります。自作のキーボードについてまとめてみました。

  • カスタムする自作キーボード
  • 自作キーボード
  • 打ち心地&打鍵音で癒されるキーボード
  • おしゃれキーキャップ
  • まとめ
スポンサーリンク

カスタムする自作キーボード

最近は、パソコンをカスタムして自作のお好みのキーボードにするのがブームです。
東京の末広町(遊舎工房)には自作キーボード専門店もオープンしています。

キーボードを変えるだけで疲れが半減します。

左右分離タイプ

左右の自然の本来の手の置き方はキーボードが離れているのが自然です。

これは前傾姿勢にならないので疲れにくい。

自作キーボードの紹介

自作するキーボードの土台は、アクリル板をレーザーカットして重ね合わせて作っているそうです。

打ち心地&打鍵音で癒されるキーボード

Logicoolのキーボードで比較

Logicoolのキーボード K120

 ※番組では税込み1,650円で紹介されていました。
マツコが触った感想は、1,000円台だなあということでした。

そしてもう1台は

Logicool G512 LIGHTSYNC RGB

(メカニカルゲーミングキーボード)※番組では税込み13,750円で紹介
このキーボードを見たマツコの印象は、「何も見えないな」ということでしたが、
これはパソコンにつなぐと、ライトの色を約1,680万色から選べるという物でした。
そして触った感覚は、「今まで触ったことないです。」とのことです。

メンブレンキーボードとメカニカルキーボードの違い

この2つのキーボードの違いは何でしょうか?
メンブレンキーボード
ノートパソコンや一般的なパソコンのキーボードです。
キーボードの中がラバードームでシート形式になっていて、1番底まで押さないと反応しない。
※テレビのリモコンのような感じです。

底まで打たないと反応しないので指が疲れます。

1カ所キースイッチが壊れてしまった場合でも部分的な修理ができません。

メカニカルキーボード
キーが1つ1つが独立した個別のスイッチになっています。1~2mm押すだけで反応する。

メリットはトラブルが起きても、そのスイッチの交換することで使用することができます。
デメリットはコスト面で高価になります。

国産キーボードおすすめ

ダイヤテック Maiestouch Convertible2 Tenkeyless黒軸 ※番組では価格は税込み16,786円

PFU Happy Hacking Keyboard ※番組では価格は、税込みで35,200円

東プレ REAL FORCE R2テンキーレス ※番組では価格は税込み31,350円で紹介
マツコはおすすめの3台を触った中で、このキーボードが気に入ったようです。
触った感覚が「ハフッ」ていう感じだそうです。
この「ハフツ」の感じが「タクタイル感」というものらしいのです。

「タクタイル感」とは

ダイヤテック Maiestouchはゆっくりキーを押しても抵抗感が変わらない(タクタイル感がない)
同じ力で最後まで押せる感じ

PFU HHKBと東プレ REAL FORCEは、ゆっくり押していくと、最初少しの抵抗があって、その後すっといく感じ。(タクタイル感がある)そして底が柔らかい。

スポンサーリンク

おしゃれキーキャップ

番組ではおしゃれなキーキャップが紹介されるようです。
こちらも追加修正したいと思います。

まとめ

番組を見て追加修正したいと思います。