社会

車間距離目安は何メートル?一般道・高速道路走行中の不保持違反の罰金

車を毎日運転していますが、アオリ運転の事故や様子が話題になると、自分が運転するとき、車間距離をどうしているか?と疑問になったので、走行中の車間距離について調べてみました。

スポンサーリンク

走行中の車間距離の重要性

追突事故を避けるためには、車間距離を取ることが大切です。
前の車が急に停止や減速、不意に積み荷を落とした場合などにも、車間距離があれば車は停まることができます。

また前の車と十分な車間距離を保つことで、心にゆとりができ、視界も良好となり、突然何かが起こっても臨機応変に対応できる可能性が高くなるのではないでしょうか。

走行中は、多くの人は「予測」で前の車との車間距離をとっているのではないでしょうか。私もそうです。
前の車が急ブレーキを踏んでも自分の車が停まれるのはこれくらいかな?というような感じです。
でも実際は自分が思っている以上に車間距離は取られていないようです。やはり何か目安にして適正な車間距離をとるのがいいと思います。

走行中の一般道の車間距離の目安

車間距離の取り方は一般道と高速道路、つまり速度や天候の良し悪し、自分の車のタイヤの具合によって大きく違ってきます。
国土交通省の資料では天候が良くタイヤもいい状態の時の一般道を走行中での車間距離の目安は、時速40kmの場合2秒、50、60kmの場合3秒です。
   

これに対して交通心理学会の実験結果の報告によれば、運転していて走りやすい車間距離は、時速50キロメートルでは車間距離は25メートル、60キロメートルでは28メートルでした。車間距離を時間に換算すると全ての速度で走りやすい間隔は約1.8秒になります。
また統計的には車間時間2秒以内での事故は重大事故が多く、2秒以上離れていた時は大きな事故とはなっていないようです。

この適切な車間距離である『2秒』という秒数を数えるときの数え方についてですが、例えば前の車が電柱を基本にゆっくりと01(ゼロイチ)、02(ゼロニ)と唱えます。(ゼロを付けないと早すぎるからです。)

走行中の高速道路の車間距離の目安

国土交通省の資料によれば、天候が良くタイヤもいい状態の時の高速道路を走行中での車間距離の目安は、4秒です。

これに対して交通心理学会の実験結果の報告によれば、一般道、高速道路ともに2秒とされています。また4秒あけると割り込みされるので、かえって危険だということです。

交通心理学会の実験結果によると
運転していて走りやすい車間距離は、80キロメートルでは43メートルです。

後ろの車との車間距離も注意

前の車との車間距離は運転する自分が気をつけますが、もし後ろの車が近すぎで車間距離が詰まっているときは、自分の車を車線変更をして追い越してもらいましょう。

スポンサーリンク

車が止まるまでの距離について

速度による停止距離 – 警察庁より
   
車のブレーキを踏んでから車が停止するまでの距離は、3つの距離があります。

①空走距離:停止しようとブレーキを踏んでからブレーキが効き始めるまでの距離
(空走とは、ブレーキが効いていない状態)
反応時間(秒) × 車速(m/秒)

②制動距離:ブレーキが効き始めてから車が停止するまでの距離
(制動とは、ブレーキが効いている状態)
制動距離の計算式は、制動距離=車速(km/h)の2乗÷(254×摩擦係数)

③停止距離:空走距離+制動距離

空走距離

・・・危ないと思ってブレーキを踏んでもすぐに効き始めるわけではありません。またブレーキが効いてもすぐに停止するわけではありません。

制動距離

・・・ 雨や雪などで路面の状態が悪かったり、タイヤが摩耗して溝が減っている場合には、制動距離が変わり、停止距離が長くなります。路面が凍結しているとブレーキが効かなかったり、ハンドルが制御不能になるので注意が必要です。

停止距離

・・・空走距離と制動距離をたした距離です。

車間距離不保持違反の罰則や反則金・点数

あまり自分のまわりで、車間距離不保持違反のことを聞かないのですが、重大な事故を起こす可能性があるので、罰則、反則金、点数も引かれます。

道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)によると、5万円以下の罰金です。
施行日: 令和元年十二月十四日
【罰則】
(車間距離の保持)
第二十六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

第百二十条 第二十六条の規定の違反となるような行為をした者は五万円以下の罰金に処する。

【点数と反則金】

車間距離不保持(一般道)
違反点数 1点
反則金額
大型車等 7,000円
普通車 6,000円
二輪車 6,000円
原付車 5,000円

車間距離不保持(高速道路)
違反点数 2点
反則金額
大型車等 12,000円
普通車 9,000円
二輪車 7,000円
原付車  -

まとめ

車を運転すると、急いでいないときでも何故か「早く走行したい。」という気持ちになってしまいます。特に通勤ラッシュではそうなってしまいます。ただ車間距離を持つことで心にゆとりもできますし、追突事故の防止にもなるので気をつけたいです。

スポンサーリンク