何事もポジティブ思考で過ごしたい。
社会

ブルーインパルスが展示飛行(21年7月23日と8月24日)!予行演習はいつ?時間とルートも!

アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京五輪開会式の7月23日に東京都内を飛行することがわかりました。
人気のブルーインパルスの飛行ルートや飛行時間など紹介します。

スポンサーリンク

ブルーインパルス(2021年7月23日と8月24日)飛行ルート

「ブルーインパルス」の飛行ルートは、

都心部で周回飛行し、国立競技場の上空で、カラースモークを使い青、黄、黒、緑、赤の五輪マークを描きます。

ブルーインパルス(2021年7月23日と8月24日)飛行時間

ブルーインパルスの詳しい飛行時間は当日、会員制交流サイト(SNS)で公表です。

ブルーインパルスの予行演習はいつ?

直前の7月20~22日のうち1日で予行練習をします。

音が大きいので始まれば、飛行ルートの予定の場所、及び国立競技場に人が集まりそうです。

ブルーインパルスが東京オリンピックの演習?

ブルーインパルスが東京オリンピックのシ五輪を描く演習です。

松島基地2021年7月13日

松島基地2021年7月17日

前回の1964年の東京オリンピック#東京1964

ブルーインパルスが1964年の東京オリンピック開会式以来57年ぶりに東京の空に五輪のマークが描かれます。
防衛日報デジタルによれば、五輪の描き方も1964と異なるようです。

上空から見た場合の五輪描き方

1964年は各機が右下から時計回りに円を描きますが、2021年は、上左から時計回りです。
防衛日報デジタル

まとめ

以前、2015年姫路城天守閣の保存完成記念でブルーインパルスを見に行きました。
とても混雑していて、「ブルーインパルス」の飛行は人気があることがわかりました。

その時の感想は、みんな溜息もついたりしていて、とにかくカッコよかったです。
なかなか見る機会もないので、今になれば行って見ることができて良かったと思います。

2015年 姫路城天守閣の保存完成記念で飛行したブルーインパルス

スポンサーリンク
関連記事