日常

無料アプリでリモート飲み会は何人まで参加できる?※LINE(画面シェア)のやり方

 コロナの影響で外出が制限され、リモート飲み会が注目されています。コロナ騒動がきっかけで、今後、直接会わずにリモートツールで人と会うということがさらにより一般的になっていくかもしれませんね。

でも、リモート飲み会と言っても「どんなツール・アプリでどんなふうにやったらいいかわからない・・・」と思っている人も多いと思います。そこで、リモート飲み会のアプリについて調べてみました。

その中でもLINEは、利用者が多く一般的なので、リモート飲み会に使うことを考える人も多いと思います。
そんなLINEは

  • 人数制限・・・パソコン16人、スマホ4人(5人以上はアイコン表示)
  • 制限時間・・・なし

という感じで、完全に無料で使用できます。大抵の場合はLINEで十分だと思いますが、この記事ではより大人数でもグループ通話ができる他のツールも合わせてご紹介しますので参考にして下さい。

  • リモート飲み会とは
  • どのような無料アプリがある?
  • 何人まで参加できる?
  • 時間制限はある?
  • LINE(画面シェア)のやり方
  • 楽しみ方
スポンサーリンク

リモート飲み会とは

リモートとは『遠隔』という意味です。
オンラインで、複数人とビデオ通話を共有して各個人が飲食を用意して飲み会をすることです。

どのような無料アプリがある?

多くの人が元々利用していてなじみがあり使いやすいのはLINEだと思いますが、オンライン飲み会に利用できる便利なツールが以下のように色々とあります。

・LINE のビデオ通話機能
・ウェブ会議システム「Zoom」 インストール型のツール
・Facebook「Messenger」のビデオ通話機能
・Skype「MeetNow」
・Googleハングアウト
・たくのむ アカウント作成などの手間が無い
・Whereby(旧:appear.in)
・Remo
・ネットフリックスパーティー
・オンライン居酒屋「ゆんたく」
・Houseparty

何人まで参加できる?

アプリによって参加人数は違います。接続はたくさんできても分割画面など何人参加できるのでしょうか?

・LINE-画面-パソコン16人、スマホ4人(5人以上はアイコン表示)
・Zoom-100人、画面-?
・Facebook「Messenger」-グループビデオ通話は最大8人まで参加可能
・Skype「MeetNow」-50人
・Googleハングアウト-10人
・たくのむ-12人

時間制限はある?

中には有料だと無制限になるアプリもあります。

・LINE-無制限
・Zoom-(無料は制限有)3人以上は40分
・Facebook「Messenger」-無制限
・Skype「MeetNow」-無制限
・Googleハングアウト-制限時間は8時間
・たくのむ-無制限

スポンサーリンク

LINEでのやり方

スマホで、LINEを利用している人は多いと思います。
そのLINEのリモート(オンライン)飲み会は、ビデオ通話を利用します。

スマホの場合はスタンドがあった方がいいでしょう。

パソコンにもLINEをインストールできるので、パソコンを使用するのがおすすめです。スマホと同期することもできます。

【開始の仕方】

通話を開始
・「トーク」から飲み会をしたいグループトークを選ぶ。
・「ビデオ通話」をクリックしてビデオ通話を開始します。

かかってきた通話に出る
・グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知がいきます。
・通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。

※ビデオ通話は最大200人までできます。一度に4人まで画面に映すことができます。

画面をシェアしたい場合

・「画面をシェアする」を選びます。
・「今すぐ開始」を選びます。

 画面シェアの参加者の顔は、パソコンのLINEの場合は最大16名、スマホの場合は4名まで画面分割で同時表示されます。
5名以上はアイコンで表示され、発言者がフォーカスされます。

LINEキャラクターエフェクトを使って楽しむ

・下の方をタップし、左下の【ニコちゃんマーク】をタップして、使いたい【キャラクターエフェクトのアイコン】を選びます。
※カメラに映された自分がキャラクターになり、自分の表情や動きに合わせて、そのキャラクターが動きます。

楽しみ方

通信環境が良くないと音声や映像が途切れて会話が中断されてしまいます。人数が多すぎると通信環境が悪くなる傾向にあります。
※参加人数は2〜4人くらいがベストです。

飲み会中、相手と会話がかぶってなかなか話が進まなかったり、よく聞き取れないこともあります。ゆっくりとはっきりと会話した方がいいでしょう。

 同じ料理と酒を取り分けることはできないので、物足りないところはありますが、割り切れば飲み会では味わえないリラックスさと楽しさがあります。終電を気にしなくてもいい分、飲み過ぎに注意したいですね。

スポンサーリンク