言葉

ら抜き言葉とは?正しいのか方言か?|見分け方【五段活用一覧】

文章を書くときに、ら抜き言葉ではないか?と気になることがあります。それは、いつも会話している言葉が、実はら抜き言葉を自然に言っていると思うからです。「ら抜き言葉」について正しい認識を持っていたいので調べました。

  • ら抜き言葉とは?
  • ら抜き言葉は正しいのか
  • ら抜き言葉は方言?
  • ら抜き言葉の似た表現
  • ら抜き言葉の見分け方
  • 助動詞の「れる」と「られる」の違い
  • ら抜き言葉の五段活用一覧
スポンサーリンク

ら抜き言葉とは?

「ら抜き言葉」とはある動詞に可能の意味である助動詞「られる」が接続して「ら」を抜いた言葉のことです。

例として・・・
着られる(×着れる)
寝られる(×寝れる)
見られる(×見れる)
来られる(×来れる)
食べられる(×食べれる)
起きられる(×起きれる)

ら抜き言葉は正しいのか

可能動詞「られる」の「ら」を抜いた言葉は、文法からみると、正しくない言葉づかいでしょう。

ら抜き言葉は方言?

地方の方言(北陸・近畿・中部・中国・四国)では可能表現はもともとは「ら抜き」だったようです。

ら抜き言葉の似た表現

ら抜き言葉は、可能の意味をもつ「られる」の助動詞が接続した言葉です。

可能の意味をもつ「られる」の助動詞は「れる」もあります。

その他に「られる」「れる」が接続した3つの意味をもつ言葉があります。
受身・尊敬・自発です。一つ一つ説明しましょう。

【受身】の例文
部屋に入って「来られる」
友達に日記を「読まれる」
友達に日記を「見られる」

【尊敬】の例文
先生が今日「来られる」
先生が本を「読まれる」

【自発】の例文
今年は業績が上がると「見られる」
意気込みが「感じられる」
※自発は人の意志によらず、自然に物事が実現するときの表現です。

スポンサーリンク

ら抜き言葉の見分け方

動詞につく「られる」か「れる」を見分けられれば、ら抜き言葉かどうかわかります。その簡単な見分け方があります。

それは、動詞を「~しよう」と言い換えます。

~よう」に言い換えられれば「ら」を付けます。

例・・・
着る-着よう(×着ろう)→着られる
寝る-寝よう(×寝ろう)→寝られる
見る-見よう(×見ろう)→見られる
見せる-見せよう(×見せろう)→見せられる
居る-居よう(×居ろう)→居られる
食べる-食べよう(×食べろう)→食べられる
起きる-起きよう(×起きろう)→起きられる
(カ変)来る-来よう(×来ろう)→来られる

「~ろう」に言い換えられれば「ら」は付けない

例・・・
切る-切ろう(×切よう)→切れる
眠る-眠ろう(×眠よう)→眠れる
座る-座ろう(×座よう)→座れる
走る-走ろう(×走よう)→走れる
登る-登ろう(×登よう)→登れる
入る-入ろう(×入よう)→入れる

(サ変)する-さろう※サ変の「~ろう」は当てはめられません。→される

助動詞の「れる」と「られる」の違い

ら抜き言葉は、助動詞の「れる」と「られる」が接続して可能動詞になった言葉の「ら」を抜いた言葉です。

つまり、「られる」が接続した言葉しか、ら抜き言葉にはなりません。

そこで「れる」と「られる」の違いは何でしょう?
それは接続の法則が違います。

【「られる」の接続】

上一段活用、下一段活用、カ行変格活用(カ変)の動詞…未然形に、「られる」が接続。

上一段活用とは、全ての活用語尾に五十音図のイ段の音が入り、それに「る、れ、ろ」が付くという形で変化する。
【上一段活用の例】
「着る」「似る」「煮る」「見る」「射る」「鋳る」「居る」
例・・・着られる、似られる?、煮られる、見られる、射られる、鋳られる、居られる
※但し、「似られる」とは言わないですね。「似れる」とも言いません。

下一段活用は、活用語尾に、五十音図のエ段の音が入る。それに「る、れ、ろ」が付くという形で変化する。
【下一段活用の例】
「見える」「得る」「受ける」「告げる」「見せる」「混ぜる」「捨てる」
例・・・
見えられる?、得られる、受けられる、告げられる、見せられる。混ぜられる、捨てられる
※「見える」は、もとは古語の「見ゆ」。動詞「見る」の活用形+自発の助動詞「ゆ」なので、可能動詞はつきません。

カ行変格活用は、活用語尾が、五十音図のカ行の音をもとにして、変則的な変化をします。この活用は「来る」一語のみです。
例・・・来られる

【「れる」の接続】

五段活用の動詞、サ行変格活用(サ変)の動詞…未然形に、「れる」が接続する。
※未然形=未来のこと・・まだ~ない
例・・・
切る-切れ(×切られる)
眠る-眠ら-眠れる(×眠られる)
座る-座れる(×座られる)
走る-走れる(×走られる)
登る-登れる(×登れる)
入る-入れる(×入られる)

(サ変)する-される(×さられる)

※同じ発音の「着る」と「切る」ですが、「切る」が五段活用の動詞に入るのは例外です。

スポンサーリンク

ら抜き言葉の五段活用一覧

「ら抜き言葉」は上一段活用、下一段活用、カ行変格活用(カ変)の動詞から可能動詞を接続した言葉から「ら」を抜いた言葉です。

上一段活用、下一段活用、カ行変格活用(カ変)五段活用の一覧です。
上一段活用(口語)

上一段活用(口語)

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ア行 老(お)いる -い -い -いる -いる -いれ -いろ・-いよ
居(い)る (居) いる いる いれ いろ・いよ
カ行 起(お)きる -き -き -きる -きる -きれ -きろ・-きよ
着(き)る (着) きる きる きれ きろ・きよ
ガ行 過(す)ぎる -ぎ -ぎ -ぎる -ぎる -ぎれ -ぎろ・-ぎよ
ザ行 閉(と)じる -じ -じ -じる -じる -じれ -じろ・-じよ
タ行 落(お)ちる -ち -ち -ちる -ちる -ちれ -ちろ・-ちよ
ナ行 煮(に)る (煮) にる にる にれ にろ・によ
バ行 浴(あ)びる -び -び -びる -びる -びれ -びろ・-びよ
マ行 染(し)みる -み -み -みる -みる -みれ -みろ・-みよ
見(み)る (見) みる みる みれ みろ・みよ
ラ行 降(お)りる -り -り -りる -りる -りれ -りろ・-りよ

上一段活用(文語)

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
カ行 着(き)る (着) きる きる きれ きよ
ナ行 似(に)る (似) にる にる にれ によ
ハ行 干(ひ)る (干) ひる ひる ひれ ひよ
マ行 見(み)る (見) みる みる みれ みよ
ヤ行 射(い)る (射) いる いる いれ いよ
ワ行 居(ゐ)る (居) ゐる ゐる ゐれ ゐよ

下一段活用(口語)

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ア行 見(み)える -え -え -える -える -えれ -えろ・-えよ
得(え)る (得) える える えれ えろ・えよ
カ行 受(う)ける -け -け -ける -ける -けれ -けろ・-けよ
ガ行 告(つ)げる -げ -げ -げる -げる -げれ -げろ・-げよ
サ行 見(み)せる -せ -せ -せる -せる -せれ -せろ・-せよ
ザ行 混(ま)ぜる -ぜ -ぜ -ぜる -ぜる -ぜれ -ぜろ・-ぜよ
タ行 捨(す)てる -て -て -てる -てる -てれ -てろ・-てよ
ダ行 茹(ゆ)でる -で -で -でる -でる -でれ -でろ・-でよ
出(で)る (出) でる でる でれ でろ・でよ
ナ行 尋(たず)ねる -ね -ね -ねる -ねる -ねれ -ねろ・-ねよ
寝(ね)る (寝) ねる ねる ねれ ねろ・ねよ
ハ行 経(へ)る (経) へる へる へれ へろ・へよ
バ行 食(た)べる -べ -べ -べる -べる -べれ -べろ・-べよ
マ行 求(もと)める -め -め -める -める -めれ -めろ・-めよ
ラ行 入(い)れる -れ -れ -れる -れる -れれ -れろ・-れよ

下一段活用(口語)

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
カ行 蹴(け)る (蹴) ける ける けれ けよ
出典:Wikipedia

言葉は、歴史とともに変化していきます。「ら抜き言葉」もいずれは、通常の日本語として組み込まれていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク