料理・食事

シーホース(新宿ゴールデン街)の場所はどこ?営業時間や女子ひとり飲みも⁉︎

2020年10月13日火曜夜11時放送の「セブンルール」は新宿ゴールデン街で2年前にオープンしたバー「シーホース」のママ・店主・マチルダに密着のドキュメントです。

スポンサーリンク

新宿ゴールデン街とは?

東京都新宿区歌舞伎町1丁目にある飲食店街で、「呑兵衛(のんべえ)の聖地」とも言われています。

新宿ゴールデン街商店街振興組合と新宿三光商店街振興組合の二つの組合によって管理されています。

約2,000坪の区画に低層の木造長屋が連なり、約300軒もの小さな飲食店が密集しています。

昔は文壇バー(本好きや作家・ ライター志望、出版業界の人々などが集まるお店)など個性のある店もたくさんあり、常連客も作家、編集者、映画監督、俳優といった文化人が多く集まっていました。

1980年代後半のバブル景気の最盛期には激しい地上げにより閉店し、空き店舗が多数放置され、客足も滞り、ゴーストタウンのようになっていました。

組合が中心となり、街の活性化や整備などを推進し、2000年代に入ると新規出店が相次ぐようになり、客足も戻り、再び活気を取り戻しました。

ヨーロッパなど海外からの観光客が多く訪れることでも知られています。
※2020年のコロナウイルスの影響で、現在は海外からの観光客は来ない状態です。

バー「シーホース」とは?

バー「シーホースは、新宿ゴールデン街に2年前にオープンしました。

家庭料理に、ハーブやスパイスを漬け込んだ自家製の酒が提供されます。
カウンターの4席で、女性が1人で訪れることも多く、初心者の人も安心して訪れる場所です。

メニュー

日替りのお通しとスパイスやハーブの漬け酒、日本酒、国産ワインなど。
チャージ¥1100 ドリンク¥600〜

ママである店主のマチルダ

大学を辞め、芸名・マチルダとして、演劇やダンスパフォーマンスなど目指していましたが、限界を感じるようになり諦めました。
表舞台の道のための活動をしながら新宿ゴールデン街で働いていました。
そして34歳で自分の店を持つまでになりました。

スポンサーリンク

営業時間

月火水金日18:00〜23:30(祝日営業)
休日などの案内もツイッターやInstagramで毎日上げていますのでお店を利用するときは確認をしましょう。

場所

新宿三丁目駅より徒歩5分の所にあります。
新宿三丁目駅から362m

新宿歌舞伎町の一角にあるゴールデン街あかるい花園8番街の「Bar流民」2階、
たつのおとしごの看板が目印です

地図

シーホースの新型コロナウイルス感染防止対策

新型コロナウイルスの感染予防をしています。

①席数の削減

席数を4割削減し、お客様同士の距離を確保しています。
カウンターにはアクリルパーテーションを設置しています。

②お客様の入店の時には、手指の消毒をお願いしています。

消毒液はスタッフが手にかけさせて頂きます。

③マスクもしくはフェイスシールド着用の上、接客します。

定期的な手洗いと手指消毒を行い、現金の受け渡しはコイントレーにてしています。

④カウンター上に並べてある酒類は、瓶の注ぎ口がアクリルパーテーションでカバーされるようにしています。

⑤お酒を作る際と盛り付けの際は、手元用パーテーションの後ろなど飛沫がかからない所で行います。

また使用する道具も安全な場所に配置しています。

⑥1階、2階の入り口ドアと窓を開放し、サーキュレーターを回して常時換気を行っています。

⑦店内を定期的に消毒しています。

⑧スタッフは毎日検温を行い、37.5度以上や体調不良ではないことを確認しています。

まとめ

コロナウイルスの終息を願うばかりです。

スポンサーリンク