テレビ番組

エールの多田良介役の俳優は誰?寺内崇幸の現在や巨人時代の年俸を調べてみた!

窪田正孝(32)が主演するNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜・前8時)の
10月30日放送の第100話に登場する多田良介役について調べました。

スポンサーリンク

多田良介(ただ・りょうすけ)役の俳優は誰?

多田良介を演じるのは、寺内崇幸(てらうち たかゆき)です。

多田良介は加賀大介(かが だいすけ)がモデル

多田良介は、作詞家・加賀大介(かが だいすけ)をモデルにしています。
加賀大介は夏の甲子園の大会歌「栄冠は君に輝く」の作詞家です。

エールの主人公は、作曲家・古関裕而(こせき ゆうじ)がモデルとなっています。
つまり、夏の甲子園の大会歌「栄冠は君に輝く」を作った作曲家と作詞家が古関裕而と加賀大介なのです。

 加賀大介は子供の頃に野球をしていて、怪我がもとで右足を切断したため、野球を断念しました。そして作詞の道へ進みました。

 ドラマでは多田良介を演じる寺内崇幸は、松葉づえでスタンドから選手のプレーを見守るシーンを撮影しました。

 現役時代、何度か、怪我でプレーできない悔しさを知っているだけに、松葉づえを使用したシーンも経験が活きたようです。

寺内崇幸のプロフィール

出身地:栃木県栃木市
生年月日:1983年5月27日
身長:177 cm
体重:73 kg
選手情報
投球・打席:右投右打
ポジション:二塁手、三塁手、遊撃手
プロ入り:2006年 大学生・社会人ドラフト6巡目
初出場:2008年3月29日
最終出場:2017年9月14日
経歴
選手歴
栃木県立栃木工業高等学校
JR東日本
読売ジャイアンツ (2007 – 2018)
監督歴
栃木ゴールデンブレーブス (2019 – )

スポンサーリンク

巨人時代の成績や年俸

遠投120メートル、50メートル走5.9秒の俊足で強肩の選手です。
守備力や小技に評価はあるのですが、打撃が弱いです。

巨人時代の寺内崇幸

巨人時代(1軍)通算成績

2008年から2017年まで巨人で活躍しました。
10年の通算成績は670試合に出場、945打席、818打数、109特典、178安打、打率-2割1部8厘、出塁率-2割6部5厘

オールスターゲームにも2013年に1度出場しています。

一軍公式戦の最後の試合は、2017年となります。
2017年は主に二塁の守備固めとして途中出場していました。9月5日、松本市野球場での中日戦で途中出場し、延長11回裏にプロ入り初のサヨナラ弾となる3点本塁打を打ちました。一軍では4年ぶりのアーチでしたが、これが結果的に最後の一軍の試合となりました。

2018年は春季キャンプ中の下半身の故障などで一軍出場がなく、10月1日に戦力外通告を受け、現役引退となりました。

寺内崇幸の巨人時代の年俸

2016年 2600万円
2015年 3200万円
2014年 4000万円
2013年 2700万円
2012年 1700万円
2011年 1500万円
2010年 1600万円
2009年 1500万円
2008年 800万円
2007年 840万円

寺内崇幸の現愛(巨人引退後)

2019年から、BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの監督に就任しました。

BCリーグとは
BC(ベースボール・チャレンジ・リーグ=ルートインBCリーグ)は、北陸・信越地方5県と関東地方5県、東北地方1県、近畿地方1県を活動地域とするプロ野球の独立リーグです。

栃木ゴールデンブレーブス は、プロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグに所属する栃木県のプロ野球チームで2016年加盟に加盟しています。。

まとめ

巨人の監督の原辰徳からは「スーパーサブという面では、セ・リーグを代表する選手」と評されています。

 栃木県内の球場での撮影で、野球経験者を探していたところを、地元チームを監督をする寺内崇幸にオファーがありました。思わぬことで俳優デビューとなりました。

寺内崇幸は、栃木工時代、甲子園出場は果たせませんでした。「栄冠は君に輝く」の楽曲については「夏と言えば、あの曲。チームが一つになるし、活力には間違いなくなる曲ですね」と語っています。

「栄冠は君に輝く」の作詞家という役と寺内崇幸の高校時代や巨人時代の思いが重なり感慨深いものがあるのでは、と勝手に思います。

スポンサーリンク