何事もポジティブ思考で過ごしたい。
ショッピング PR

メルカリshops(ショップス)とは何?今までの違いとデメリットを調査!

事業者が参入できるサービスのメルカリshopsが7/28にプレオープンしました。
月額費用無料、販売手数料はメルカリと同じ10%で出店が可能です。

本格的に始まる前のメルカリShopsのことを調べました。

スポンサーリンク

メルカリshops(ショップス)とは何?

メルカリShopsとは、メルカリ内にショップを開設できるサービスのことです。

メルカリShopsはクリエイター、農家の方などの生産者、お店を持っている方も
メルカリ内でネットショップを作成できるサービスです。

通常のメルカリとは別に、ショップに在庫機能などが利用できます。

ポイント・メルペイ残高やメルペイスマート払い・クレジットカードなどが、
メルカリShopsに出店しているショップから使えることができます。

メルカリshopsのメリット

①月間1,900万人が利用するメルカリアプリ開設できます。

②初期費用が無料なので気軽に始められます。

③スマホひとつで運営できます。

今までのメルカリとメルカリshops(ショップス)の違い

アカウントを使い分けできる

現在利用しているアカウントはそのままで、メルカリshops用のアカウントも作成可能です。

値下げ交渉なし

値下げ交渉がありません

まとめて出品・在庫管理が可能

出品画面で、各商品の在庫数の管理が簡単にできます。

今後利用できる限定機能

メルカリ便がパワーアップ

送り状の一括発行が可能
大口個数の対応が可能
匿名配送が可能

クール便が開始

クール便が対応可能になり、生鮮食品が送りやすくなります。

フォローしてくれるお客様の対応がより良く

フォローをしてくれるお客様へのメッセージ配信、クーポン配布が可能になります。

出品するカテゴリが増える

許認可証が必要なものも順次対応が可能になります。

WEBページが作ることができる

メルカリアプリとは別にお店のWEBページの作成が可能になります。

パソコン版で出品管理ができる

パソコン版で、まとめて配送先情報、一括商品登録ができるようになります。

メルカリshopsクーポンが利用できる

メルカリshopsで使えるクーポンが配布可能となり、購入の促進につながります。

メルカリshops(ショップス)のデメリット

個人の出品者のデメリット

メルカリshopsのメリットは、個人事業主、業者にとっては、うれしいことです。
ということは、個人でフリマのようにやっていた人にとっては、商品のクオリティに差が出てしまい、太刀打ちできなくなるのではないでしょうか。

商品が高くなるデメリット

メルカリは、値下げ交渉がありました。
安く買いたいとき、販売者に対して「値下げできますか?」とメッセージを送ります。
メルカリshopsは、この値下げ交渉がありません。
面倒くさいやりとりがないのは、メリットでもありますが、
値段が高くなるのではないでしょうか?

メルカリは「安く購入できる」から
メルカリshopsは、「高い」
となってしまうのでは?

メルカリshops(ショップス)の先行メリット

①出品者が少ない状態で出品できます。
②早くショップのレビューが貯まります。
③メルカリshops限定キャンペーンで売れやすくなります。

※実質半額で買える、購入者向けキャンペーンが開催されています。

メルカリshops(ショップス)はいつから

メルカリshops(ショップス)は、9月に本格的に予定しています。
2021年7月28日よりプレオープンとなっています。

先行のプレオープン期間とは?

本格的にはじまる9月より前に、
メルカリShopsの一部の機能が制限されていますが利用できる期間のことです。

メルカリshops(ショップス)の申し込みをするには?

メルカリアカウントが必要

メルカリShopsと紐付けたいメルカリアカウントの「招待コード」が必須です。

メルカリアプリのマイページ(招待してポイントGET)から招待コードをコピーして入力します。

メルカリShops 先行出店応募フォーム
から応募できます。

メルカリshops(ショップス)の審査

メルカリShopsで、審査に通らないことがあります。
審査に通らない理由をまとめました。

① 許認可証画像および申請情報の不備

許認可証が無効
許認可証がちゃんと写っていない
許認可証と申し込みの時の内容が一致していない

許認可証画像の提出が必要な業種

自家製の食品
中古品(古物)
自家製の化粧品
自家製の医薬部外品

② 本人確認書類および入力情報の不備

本人確認書類が無効
本人確認書類がちゃんと写っていない
本人確認書類と申し込みの時の内容が一致していない

※本人確認書類の提出は個人事業主のみ必要です

③ 振込先口座情報の不備

本人情報・代表者情報・事業者情報と振込先口座名義の不一致

④ その他

本人確認情報や登録内容等を総合的に審査した結果、
審査に通らない場合があるようです。

スポンサーリンク
関連記事