社会

「規定に従う」「準ずる」ではどちらが正しい?【履歴書本人希望欄の書き方】

私自身、最近履歴書を書いたことがないのですが、仕事上で目にすることが多々あります。その履歴書を見るたびに、もしかしたら履歴書を書く機会はこれで最後かもしれない、一所懸命に書いているのだろうと胸が締め付けられる思いでいます。自分の一生を決めるかもわからないからです。

そしてその履歴書でいつも気になる所が「本人希望欄」です。
本人希望欄はどのような内容を書けばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

「本人希望欄」には何を書く?

希望職種や希望勤務地、待遇などの希望を書きます。
でも実際に、待遇面などの本人の希望を書いてしまうと、採用されないのでは?と思い、何も書かないでおこうと思ってしまいがちです。
実際に、自分本位の希望を書いてしまうと、使いづらいと判断されて不合格になってしまう場合もあると思います。

書いたものは取り消せませんので、譲れない条件だけを記入して、細かい条件は、面接時に話しをするといいのではないかと思います。

では本当に何もない場合、空欄にする方がいいのでしょうか?
何も待遇や勤務の事に関してないときは、
「貴社規定に従います」「貴社規定に準じます」としましょう。
「希望職種も希望勤務地も条件通りで、働くことができます」
という意思表示でもあります。

スポンサーリンク

「規定に従う」「規定に準じる」の違い

では 従う と 準じる の違いは何でしょう?
実際に、履歴書を受け取った側は、どちらも印象は変わらないと思います・
従うとは応じる、順応する、意のままになる という意味です。
準じるとは基準にしてそれにならう という意味です。
従います、準じます と記入するのがどうしても嫌な場合は
「職種・勤務地・待遇は貴社の規定でお願いします」と書けばいいでしょう。ニュアンスは同じだと思います。
何も書かないのは、会社の提示する条件通りという意味ととってもらえるというよりは、意欲がないと判断されがちです。

スポンサーリンク

履歴書の書き方の注意点

まず採用担当者が一番に目にするのは、字です。
字が綺麗ということではなく、丁寧に書いているかでしょう。
一所懸命に書いているか、誠意があるかどうかです。

名前、生年月日、住所、経歴はごまかすことはできません。
字は丁寧にわかりやすく、空欄はなくしてすべて書くことも大切です。

そして写真も大切です。この写真が面接で第一印象に左右されます。写真のイメージが悪いと面接の時点でマイナス評価になってしまうので気を付けましょう。