情報番組

うし匠 俵本(奈良県葛城市)の味の評判は?※月に3日だけ開店の店【ナニコレ珍百景】

いつも楽しく見ているナニコレ珍百景。11月24日は営業は月3日だけ精肉店&田んぼ中に大行列!大人気パン店SPと題して放送されました。

その中で気になったのが、奈良・葛城の月に3日しか開かない精肉店の話です。
奈良県葛城市のうし匠 俵本 という精肉店を調べてみました。

  • なぜ月3日だけ開店なのか?
  • うし匠 俵本の評判は?
  • 場所と営業時間
  • うし匠 俵本さんのこだわり
  • うし匠 俵本さんの黒毛和牛について
スポンサーリンク

なぜ月3日だけ開店なのか?

以前は自分たちで育てて、直売していたようです。その時は、一日にお客さんが1人か2人で、近所に大型ショッピングセンターができ、採算が合わなくなり、また店での販売に労力を使い、牛の飼育がおろそかになったのです。

そこで牛の飼育に時間を費やす様にし、販売を月3日にしたところ、良質でこだわりの肉が提供ができるようになり、多くのお客さんが買いにくるようになり、3日間で月の売上が達成できるようになりました。

うし匠 俵本の評判は?

なんとFacebookのグルメ食料品の評価が5(5段階)です。(件数は4件と少ないですが・・・)
黒毛和牛、大和牛というブランドです。飼育からこだわっているため、販売が月3日でも大盛況で売り切れるようです。

スポンサーリンク

テレビの取材も今年6月に、テレビ朝日系で朝だ!生です旅サラダで放送されています。

場所と営業時間

場所

奈良県葛城市南花内254-6

営業時間

毎月第一金曜日~第一日曜日の3日間。
10:00~18:30
(5月の連休、お盆、年末は5日間営業)

うし匠 俵本さんのこだわり

牧場を経営されている俵本ご一家が経営する“うし匠 俵本”のお肉は月に3日しか買うことができず、行列ができる人気精肉店です。

良質の赤身をしっかりつけさせる為にエサの配合を考えているとのこと。
牛の成長と共に段階的に良いエサに代えるみたいです。
そして牛は30ヶ月以上飼育されます。
※ 通常、他の牧場では27~28ヵ月とのこと。

A5ランクが出て当たり前!は当然で、他のA5ランクのお肉よりも飼育期間が長い分、熟成されておいしのです。

うし匠 俵本さんの黒毛和牛について

100%自家飼育のA5ランク黒毛和牛しか提供しません。

人気で一番高いシャトーブリアンは
6,480円/100g
一頭の牛からわずか1キロしかとれない超希少部位です。フィレ肉の中心部分できめ細かく美しいです。

ロース
3,888円/100g
脂が少なくさっぱりとした味わいと
柔らかな食感が特徴です。

など様々な部位が販売されています。

【贈答用】も一番高い
超吟撰ロース
(すきやき&しゃぶしゃぶ用)
15,500円/400g
からいろんな種類の肉が販売されています。

馬肉もあるようです。

スポンサーリンク

ちなみに今日のゲストで珍定委員会はキムラ緑子さん、石原良純さんです。
ゲストの珍定委員の方も、地元にあれば行きたいとのこと。
人間の体に入る食べ物は、安いだけではなく、いいものが求められているのですね。