日常

【オンライン帰省】グーグルストーリートビューで実家に帰る方法

コロナウイルスの影響で外出自粛が強まっています。もうすぐ始まるゴールデンウイークは帰省できず、特に単身赴任の人にとっては、寂しい連休になりそうです。
そこで今話題のオンライン帰省についてまとめてみました。

  • オンライン帰省とは?
  • 家族と過ごすビデオ通話
  • Google ストリートビューで帰省
  • スマホ(android)でのストリートビューの体験
スポンサーリンク

オンライン帰省とは?

実際には帰省しないで、ビデオ通話などオンラインで家族と会話をしたりして、過ごすことです。

家族と過ごすビデオ通話

ビデオ通話はいろんなアプリがあります。

・LINE のビデオ通話機能
・ウェブ会議システム「Zoom」
・Facebook「Messenger」のビデオ通話機能
・Skype「MeetNow」
・Googleハングアウト

ビデオ通話はお互い顔や姿を見ながら会話できます。ただタイミングが合わない場合や相手が用意できない場合があるかもしれません。

それだけでなく実際の帰省は、実家に帰るまでの道のりが楽しかったりします。そこでその道のりをエア体験するため、Google ストリートビューで実家まで帰省する方法をまとめました。

Google ストリートビューで帰省

Googleマップのストリートビューは、やはりパソコンがおすすめです。もちろんスマホのアプリでも見ることができます。iPhoneの場合はプリインストールされていないため、App Storeからインストールしましょう。無料で行えます。

Googleマップのストリートビューでの方法

  1. (検索して)Googleマップを立ち上げる
  2. (Googleマップを検索)自宅の住所を入力する
  3. ルート・乗換を選ぶ
  4. 出発地を自宅の住所を入力か中心地が自宅なので中心地を設定する
  5. 目的地を実家の住所を入力する
  6. 手段は車を選ぶ
  7. ※好きなルート(車、電車、徒歩)を選べますが、ストリートビューで移動していくには車を選ばないと、電車の道は行けません。

  8. 自宅をズーム(+-のズームをクリック)する
  9. 人の形のアイコン(ペグマンPegmanといいます)を選ぶ(+-のズームの下をクリック)
  10. ※ペグマンの近くになると「ストーリートビューを表示できます」のメッセージが出てきます。

  11. そのペグマンを選んだまま(クリックしたまま)自宅の住所に持っていき、離す
  12. ※ストーリービューが出てきます。小さな枠に地図と人の形(どこにいるかどの方向を向いているか)も確認していきましょう。

  13. クリックしながら道を進んで行く
  14. ※小さな枠の中の地図と人の形を見ながら進んでいきましょう。小さな枠の地図は大きくすることもできます。

    スポンサーリンク

    ストリ-トビューで途中実家まで行けない場合は、そこを飛ばさないといけません。

    また地方の場合、撮影がとても古い場合があります。

     私の家の周りのストリートビューも撮影は2013年の1回だけです。少し離れたところは、2013年と2019年撮影で両方見ることができるので羨ましいです。

     オンラインでの実家への帰省も楽しいですが、逆に私のように帰省しない人は、東京にいる息子の所へ行くのもいいかも!普段スマホを使わない私がオンライン帰省、逆バージョン(息子の住む東京へ)を挑戦しました。

    スマホ(android)でのストリートビューの体験

    1. 経路から現在地(入力必要なし)、目的地を入力し、ルートを出す
    2. 道順をタップし右の写真をタップする
    3. ※ストリートビューが出ます。その道には水色の経路がひかれています。

    4. 水色をタップ(スクロール)していく
    5. ただ、(田舎で情報が少なく?)先に進めない所が多数あります。そのたびに道順に戻り、次の道順の写真をタップしストリートビューにして道を進んで行く・・という繰り返しや右・左に曲がる時が手間取りました。

       私にとって、スマホでのストリートビューを使って道を進んで行くのはとても疲れました。スマホは慣れないこともあり、パソコンの方が画面が大きいしやりやすいです。

      ゴールデンウィークはストリートビューで他の行きたい場所へ行ったりして、オンライ帰省、オンライン旅行を楽しみたいと思います。

      スポンサーリンク