何事もポジティブ思考で過ごしたい。
アイデア

探し物が見つからない記憶がない!なくした物を見つける方法

探し物が見つからない、探し物の記憶がない!大切なものほど、どこかにしまってしまい見つからないこと結構あるのです。探しものを見つける方法と物のしまい方をまとめました。

スポンサーリンク

探し物が見つからない

探し物が見つからないとき、その探し物を「置いた、しまった」と予想する場所を、いろいろ探します。
「ここにある」と思っているのに、全然見つからないことがよくあります。

探し物 記憶がない

捜し物をどこに置いたか記憶がないときがあります。
それは、日頃から、使った「物」を「決まった場所」にしまわないから、つまり整理整頓ができていない為に起こります。

探し物、なくした物を見つける方法

探し物、なくした物を見つける方法は、
①探しものがない時は、想像つかないこと、偶然が重なって見つからないことが多いです。まずは、ゴミに出してしまう前にゴミ箱を見てみましょう。
②自分が探す所は、「ここにある」「ここにはない」と思い込んでいて固執して探す傾向があるので、人に探してもらう。
③例えば「財布」これこそ、いつも置く場所、鞄の中を探しますが、冷蔵庫や食器棚も見てみましょう。

「どうしても」探しものが見つからないとき

一度冷静になりましょう。そして自分の行動を思い出して、記憶をたどりましょう。

それでも、どうしても見つからない時

「探し物は自分の人生には必要なかったんだ。必要になったら出てくる!」
と思いましょう。

スポンサーリンク

探しものを見つけやすくするために

「すべての物は、家がある」のです。
①すべての物を収納するスペース(家)を決めます。
どこに何を収納するかが大切で、使いやすいように、出し入れし易いように収納スペースを考えましょう。

②使ったものは、その都度、家に戻します。

「すべての物は、家がある」と認識をすると、物を決まった場所に戻すことができます。

探しものが見つからないときの口コミ

「探しものが見つからないとき」の口コミを見てみましょう。
何か参考になるかも・・・

まとめ

探しものを見つからない時はいつも、「これからはしまう場所、置き場所を決めて、何か物を使ったら使いっぱなしにしないでしまおう。」
と反省するのですが、時間がない時など、ついつい片付けることを後回しにしてしまいます。
探す労力を考えると、片付けるのは数秒でできます。そのことを肝に命じて、使ったら片付けていきましょう。

スポンサーリンク